長野徹さん 佳香さん <『CAFÉ COAST LIFE』オーナー/サーファー>

写真1:長野徹さん 佳香さん

心に溜まったものを洗い流してくれるような気持ちを与えてくれます

写真2:長野徹さん 佳香さん
宮崎には20歳の時に移り住んで、もう24年ここで暮らしています。きっかけはサーフィン。寒いのが苦手な僕は両親のルーツである九州に馴染みもあったし、日本でも有数のサーフポイントがある宮崎で思う存分波乗りがしたかったんです。当時はバイトをしながらサーフィンに明け暮れていました。途中海外に1年間行っていましたけど、戻ってきたのはやっぱり宮崎でしたね。その後いろんなお店を経営したりして、31歳の時にサーフショップをオープンさせました。生計を立てながらサーフィンが出来る環境を自分のペースで行える今の生活に満足しています。
宮崎は街と海が近いんですよ。車でちょっと走ればサーフポイントに着いちゃうくらい。僕の出身である関西ではサーフィンをするとなると本当に遠いし、ポイント周辺には仕事もないんです。宮崎は北から南まで海岸線が広がっているし、県庁所在地にも隣り合うほどたくさんポイントがあって、しかも波がすごくいい。働きながら波乗りするにはピッタリの場所です。
ここに住んでいて魅力を感じるのは宮崎の雰囲気。明るくてのんびりとした空気が流れています。人もゆっくりとしてるし。都会にいると息苦しくなっちゃうけど、宮崎はここにいるだけでストレスフリーになれるんですよ。ふとした瞬間に見える風景はとてもきれいで、心に溜まったものを洗い流してくれるような気持ちを与えてくれます。あと食べ物もおいしいし。だから僕はここにずっと住んでいたいんです。
宮崎はまだ発展途上ではあるけど、大人も楽しめるエリアが増えてきています。旅行に来るなら最初は市街地、残りは海辺のホテルで過ごすのもいいかもしれません。きっと心が軽くなると思いますよ。
プロフィール
『CAFÉ COAST LIFE』オーナー兼サーファー。大阪府出身。20歳で宮崎に移住する。現在は妻の佳香さんと一緒にレストランとサーフショップを併設したお店を経営。サーフショップではサーフィンレッスンなどを通して海の楽しさを伝えている
ひなたの人 一覧に戻る