山本夏実さん

写真1:山本夏実さん

牛にとってものんびりとした宮崎の雰囲気は合うんでしょうね

写真2:山本夏実さん
私は地元の高校卒業後、高鍋町の農業大学校で2年、家畜の勉強をしました。その後家畜改良事業団で1年研修をさせてもらって、この仕事を始めたんです。最初は5頭からスタートして、今は50頭を育てています。私の父も牛を飼っていて、私も動物が大好きだったからこの流れは自然でしたね。子供の頃は牛と一緒に寝たり、調子の悪そうな子がいたら「大丈夫だよ」って撫でてあげたり。父がこの仕事をしてくれてて、私は幸せだなって思います。だから私もこの仕事が大好きなんです。
うちは繁殖から肥育までをしてるから、母牛たちに健康でいてもらうことが大事なんです。そういう点でも宮崎は最適な場所なのかもしれません。気候も穏やかで、水もきれいですし。牛にとってもストレスは大敵ですから、のんびりとした宮崎の雰囲気が合うんでしょうね。それに牛は正直だから、私が頑張れば必ずお返しをしてくれます。そういう意味でもやりがいはありますね。
宮崎の農家さんたちは情熱がすごいです。牛に対しての愛をすごく感じます。いろんな繁殖農家さんとお話しするんですけど「あぁ、本当に牛が好きやっちゃな」って。うちのお隣さんも繁殖農家さんなんですけど、よく情報交換してますよ。困った時には助けてくれるし。宮崎牛が2連続で日本一になりましたけど、私もその背中を追いたいと思います。
牛の表情って豊かなんですよ。穏やかで優しいし。うちの息子も牛が大好きで、毎晩牛舎に行くんですよ。「モーモーのマンマ行く」って。自分で餌をあげてます。将来は跡取りしてくれるのかな。そうなると嬉しいですね。
プロフィール
畜産農家。佐土原町出身。高校卒業後畜産農家を目指し、2014年に新富町で自分の畜舎を開き、繁殖から肥育までを行う。2歳の息子の母でもあり仕事と育児に励んでいる。
ひなたの人 一覧に戻る